月別アーカイブ: 2018年4月

アレンジ甘酒で温活しよう

Published / by Qu777Aq6PGDf

甘酒が子供の頃から大好きで、今も寒い冬の夜にはお鍋でコトコト温めては飲んでいます。
甘くて優しい香りに体の芯からぽかぽかと温まる感じがとても癒されます。

数年前塩こうじが流行ったころには甘酒もその旨味と美容・健康効果が注目されましたね。
余った酒粕を無駄にしないアレンジレシピたちも生まれ、甘酒大好きな私は数多く試したものでした。

しかし結局長く愛用するレシピというのはシンプルというか飲み物としての甘酒であるものばかり。
手軽に作ることが出来て美味しい甘酒バナナ、こっくりとした甘酒をさっぱりと飲みたいときには甘酒レモンに甘酒カルピスと、甘酒は素材と喧嘩することが少なく様々なアレンジを楽しむことができるのです。

中でも一番のお気に入りは甘酒きな粉でしょうか。
和のもの同士はやっぱり何の違和感も発することなく、まるでそれが当然であるかのように息ピッタリなのです。
ゆであずきでこしらえた甘酒しるこも同じ理由からかとても美味しく、新しい和菓子のようでオススメです。

ストレス解消のためにジムに通うことにしました!

Published / by Qu777Aq6PGDf

生活をしていると、いろいろなストレスがあります。
そして、そのストレスをなんとかしたいと思っています。
しかし、なかなか解消させることができません。
自宅でいると、ますますストレスが溜まってしまうのです。

そのため、ジムに行くことにしました。
ジムに行くことによって、少し環境を変えて運動をすることができます。
それは、とても良いことなのです。
自宅で運動をしても、全く面白くないのです。

そんな時、ジムに行くことによって、たくさんの人が運動をしています。
ときには、自分よりもずっと太っている人が頑張っている姿を見ることが出来るのです。
すると、自分もうやる気を出さないといけないという、気持ちになることができます。

同じジムで、大体同じ時間に運動をしている主婦と、友達になることができました。
その人も、ストレスを解消するためにきているそうです。
やっぱり、多くの主婦がストレスを抱えているんですね。
そのことが、よくわかります。

ストレスがひどいときには、運動もより力が入ります。

株主優待がやってきてとってもハッピーです

Published / by Qu777Aq6PGDf

最近はまっているのが株主優待です。
まぁ、毎日コツコツとお小遣いをためているだけなので、そんなにお金になっているわけでもなく、お小遣いをためて数枚のクオカードを得ている感じです。
それでも何もしていないのに不労所得が得られるのが快感なので、もっと社会貢献したいなって思ったりもします。

今は少し株が高いかなと感じているので、暴落待ちといった感じですね。
それでも資金がまとまってあるので、IPO投資にチャレンジしたりもしています。
IPOは申し込みをしているとSBI証券でポイントがもらえたりするので、外れてもあまり落ち込まずにすみます。

とりあえず、なんだかんだいって株主優待がやってくると嬉しいので、次も買うなら株主優待がもらえるものかな〜なんて思うばかり。
クオカードが使いやすいのでついついクオカードがもらえるものを探してしまいます。
できれば値下がりが小さめな年2回もらえるところがいいかなって感じています。
いろいろ探してみようと思う昨今です。

既婚者女性だって恋をしたい。

Published / by Qu777Aq6PGDf

私は40代の既婚者女性ですが、結婚して今年で20年間が経とうとしています。

夫は一応、恋愛結婚でしたが、結婚生活が長くなるとやはりマンネリ化が生じます。

独身時代からどちからと言うと熱しやすい性格の私は、結婚後も実は好きになった人が何人かいました。

その中でも3回程、真剣に相手の方を好きになってしまい、既婚者なのに片思いをしていると言う状態になってしまいました。

私が大好きになり片思いをした相手は息子が習っていた空手の指導をされている先生でした。

年齢は私より一回りと少し下の男性でしたが、とても誠実で礼儀正しい先生と週に2回会っているうちに(息子の送迎や練習見学で)だんだんと惹かれていきました。

もちろん、叶わぬ恋だと招致でしたが、その気持ちが止められず、バレンタインデーの時にチョコと一緒にお手紙を忍ばせました。

手紙には会ってお話したいですとストレートに書いて、メルアドと携帯番号を書きましたが、先生から返事はありませんでした。

1年間は先生に片思いをしましたが、全く相手にされず、泣く泣く先生を諦めると同時に子供が空手を辞めたので、それっきりです。

振られる 前兆もへったくれもなく既婚者女性をどう扱えばいいのか…?今思えば相手からすれば本当に困った女性だなといったところでしょう。思い出すだけで恥ずかしい。

今では切なくもあり懐かしい思い出ですが、とりあえず旦那さんにはバレなくてよかった。これからはこういうことはないようにします。